イベント

第36回たおやかプログラムセミナーを開催します

たおやかで平和な共生社会創生プログラムでは、第36回たおやかプログラムセミナー(第284回IDECアジアセミナー)を開催します。

演題:The Innovation Process: Why Only Some Lessons from National Defense Apply to Development
講師:Eugene Gholz(テキサス大学オースティン校リンドンジョンソン公共政策研究科・准教授)
日時:2015年3月20日(金)16:00-17:30
場所:国際協力研究科2F 204講義室
言語:英語
問い合わせ先:たおやかプログラム事務室 内線6954 
E-mail : taoyaka[at]hiroshima-u.ac.jp(atは半角に変換して送信してください)


   ダウンロードはこちら

 

第34回たおやかプログラムセミナーを開催します

たおやかで平和な共生社会創生プログラムでは、第34回たおやかプログラムセミナーを開催します。

日時:平成27年3月3日(火) 10:30~12:00

場所:広島大学 理学研究科 A017講義室

講師:Dr. Veena Koul, Professor & Head Centre for Biomedical Engineering, Indian institute of Technology, New Delhi India

題目:Women’s advance into society and my contribution to science

言語:英語

対象:学生・教員・一般

Abstract:The talk will present the status of Women in pre and post historic time. It will also present how women in India have become economically self-sufficient, leading to significant role models as Scientists, Engineers, Entrepreneurs and Politicians.
The talk will conclude by highlighting my own research interests and contribution to science specifically in the area of Bio-medical Engineering.

共催 : 広島大学女性研究者研究活動支援事業(拠点型)・女性研究者養成システム改革加速事業

【参加申込み】
メールにて氏名、所属先を明記の上、お申し込みください。
広島大学グローバルキャリアデザインセンター(堺原)
E-mail: wakateyousei@office.hiroshima-u.ac.jp (@は半角にしてお送りください)
TEL: 082-424-6213 

ダウンロードはこちら

第33回たおやかプログラムセミナーを開催します。

日時: 平成27年3月6日(金) 14:00~15:30

場所: 広島大学 工学研究科 A1-111

講師: Dr. Kota Solomon Raju, Principal Scientist & Project Leader, CSIR-Central Electronics Engineering Research Institute(CEERI), Pilani, India

題目: Reconfigurable Computing Systems and Wireless Sensor Networks (WSN) Systems Design: Work at CSIR-CEERI, Pilani

言語: 英語

対象: 学生・教員

問い合わせ: たおやかで平和な共生社会創生プログラム技術創生コース事務室

電話: 082-424-4597
メール:taoyaka-tech-sectml[a]hiroshima- u.ac.jp
※[a]は、@を半角に変換して送信してください。

ダウンロードはこちら

 

「インド研究機関との教育研究協力についてのワークショップ」を開催します。 

広島大学大学院たおやかプログラムでは、インドの教育研究機関とのこれまでの連携実績を発展させ、より質の高い教育提供と研究推進の整合的な融合にむけ、グローバルな教育研究拠点の形成および大学教育の国際展開を目指しています。
このたび本学研究者とインドの研究者が教育研究について議論や意見を交わすことを目的とし、ワークショップを開催します。

Taoyaka Workshop on Educational and Research Collaborations with Indian Institutions
【日時】平成27年3月3日(木)9:00-17:00
【場所】広島大学工学部大会議室
【対象】教職員、学生および一般の方

【プログラム】
Session 1 “Educational Exchange within the Taoyaka Framework”

9:00-9:10 Opening: Taoyaka Program Coordinator
9:10:9:40 “Taoyaka Program” Overview
9:40-10:30 Member Introduction
10:30-11:00 Proposal for the Exchange Bylaws
11:00-12:00 Discussions
12:00-12:10 Closing Remarks

12:10-13:30 Break

Session 2 “Kick-Off Meeting on HiSENS Center: Sensing World through HU-India Collaboration”

13:30-13:50 Introduction of HiSENS Center
13:50-14:10 Possible Research Collaborations b/w HU and Indian Institutions
14:10-14:30 Research Seeds at Indian Institute of Technology Delhi (IITD) and HU
14:30-14:50 Research Seeds at CSIR-Central Electronics Engineering Research Institute (CSIR-CEERI),
14:50-15:10 Research Seeds at Indian Institute of Management Ahmedabad (IIMA)
15:10-15:30 Break
15:30-16:45 Scoping Discussion
16:45-17:00 Closing Remarks

【お問い合わせ先】
問い合わせ:たおやかで平和な共生社会創生プログラム事務室
〒739-8529 東広島市鏡山 1-5-1 (広島大学大学院国際協力研究科内).
電話 : 082-424-6152
メール : taoyaka-program[a]office.hiroshima-u.ac.jp
※[a]は、@に変換して送信してください。

<3/2>技術創生コース学生募集説明会を開催します。

チラシ(pdf)

日時: 2015年3月2日(月)18:30~
会場: 広島大学東広島キャンパス 工学部220講義室
※同講義室にて17:30より開催の『工学部第二類進路説明会』後の開催です。

たおやかプログラム技術創生コースでは、半導体、電力等の電気電子工学から最適化、センシング、画像処理といったシステム情報学といった幅広い専門知識の習得とともに、地域社会のニーズに応じた技術開発を実行できる力を養います。



【終了しました】たおやかで平和な共生社会創生プログラムでは、第32回たおやかプログラムセミナーを開催します。

日時: 平成27年2月5日(木) 12:50~14:20
場所: 広島大学 国際協力研究科 1F大会議室
講師: 遠藤 謙 氏(ソニーコンピュータサイエンス研究所研究員/Xiborg 代表取締役)
題目: 途上国を救うイノベーション
言語: 日本語・英語(同時通訳あり)
対象: 学生・教員・一般

申込方法: メールにて氏名・所属先を明記の上、お申し込みください。
申込先:taoyaka-program[a]office.hiroshima-u.ac.jp ※[a]は、@を半角に変換して送信してください。


ダウンロードはこちら

【講演者情報】
Dr. Ken ENDO
http://www2.technologyreview.com/tr35/profile.aspx?trid=1327
http://www.tedxtokyo.com/en/talk/ken-endo/

Xiborg
http://xiborg.jp/home-e/

問い合わせ:たおやかで平和な共生社会創生プログラム事務室
電話:082-424-6152

【終了しました】第31回たおやかプログラムセミナーを開催します

たおやかで平和な共生社会創生プログラムでは、第31回たおやかプログラムセミナーを開催します。

日時: 平成27年2月4日(水) 12:50-14:20
場所: 国際協力研究科 1F大会議室
講師: スワラン・シン教授(ジャワハルラール・ネルー大学、インド)
題目: インドにおける核軍縮政策について
言語: 英語
概要: 
Peace has been integral to civilization and cultural DNA of Indian society and disarmament has been a critical tool of Indian State seeking to achieve peace. India was votary of disarmament even before it became independent and visions of India’s founding fathers were deeply impacted upon by dropping of atomic bombs on Hiroshima and Nagasaki triggering first debate on India’s nuclear disarmament policy.

In terms of its evolution, India’s nuclear disarmament policy began with rather utopian and idealist approach seeing world peace. But it gradually became rooted in national needs for security and prestige witnessing a two-pronged approach of propagating nuclear disarmament while allowing scientific community to pursue nuclear technologies that finally resulted in India’s nuclear weapon tests o of 1974 and later in 1998 when India finally declared itself to be a nuclear weapon state.

There are reasons for this gradual and reluctant shift and India’s nuclear doctrine nevertheless continues to propagate general and complete disarmament. Instead of being an outlier, India now seeks to achieve a nuclear weapon free world from inside the charmed circles of nuclear weapon powers. India has also since come to be known less as a state with nuclear weapons state and more as an enormous market for nuclear technologies especially for nuclear power. This marks a noble approach in India’s pursuit for peace.

 
ダウンロードはこちら(616KB)

共催:広島大学現代インド研究センター(HINDAS) 
本講演は、第96回「開発と文化」研究会を兼ねています。

問い合わせ:たおやかで平和な共生社会創生プログラム事務室
電話 : 082-424-6152
メール : taoyaka-program[a]offce.hiroshima-u.ac.jp 
※[a]は、@を半角に変換して送信してください。

【終了しました】たおやかで平和な共生社会創生プログラムでは、第30回たおやかプログラムセミナーを開催します。

日時:平成27年1月7日(水) 15:30~16:30 
場所:広島大学工学部 103講義室 
講師:Professor Chen-Ching Liu, Washington State University (WSU: Boeing Distinguished Professor) 
題目:Smart Distribution Systems: State-of-the-Art and the Future 
言語:英語


ダウンロードはこちら(233KB)

問い合わせ:

たおやかで平和な共生社会創生プログラム 技術創生コース事務室
〒739-8527 東広島市鏡山1-4-1 (広島大学大学院工学研究科内)
電話: 082-424-4597
メール: taoyaka-tech-sect[a]ml.hiroshima-u.ac.jp
※[a]は、@を半角に変換して送信してください。

たおやかで平和な共生社会創生プログラムでは、教材開発活動と多文化共生課題の情報交換を目的として、国内外の関連機関から講師を招き、「たおやかプログラムセミナー」を開催しています。
2013年度は計14回のたおやかプログラムセミナーを開催しました。
たおやかプログラムセミナーに関する最新情報は、たおやかプログラムウェブサイトにてご覧いただけます。
たおやかプログラムウェブサイト

【終了しました】たおやかで平和な共生社会創生プログラムでは、第29回たおやかプログラムセミナーを開催します。

日 時 :平成27年1月8日(木)15:00-16:30
場 所 :広島大学中央図書館 ライブラリーホール
題 目 :21世紀の日印関係 India-Japan Relations in the 21st Centry
講 師 :アシーム・マハジャン氏(在大阪・神戸インド総領事) / Mr. Aseem R. Mahajan (Counsul General of India, Osaka-Kobe )
言 語 :英語・日本語(同時通訳あり)
対象者 :学生、教職員、一般
共催 :広島大学現代インド研究センター(HINDAS)


ダウンロードはこちら(1610KB)
問い合わせ:たおやかで平和な共生社会創生プログラム事務室
電話 : 082-424-6954
メール : taoyaka-program[a]offce.hiroshima-u.ac.jp

※[a]は、@を半角に変換して送信してください。

たおやかで平和な共生社会創生プログラムでは、教材開発活動と多文化共生課題の情報交換を目的として、国内外の関連機関から講師を招き、「たおやかプログラムセミナー」を開催しています。

2014年度は計15回のたおやかプログラムセミナーを開催しました。
たおやかプログラムセミナーに関する最新情報は、たおやかプログラムウェブサイトにてご覧いただけます。
たおやかプログラムウェブサイト

第25回たおやかプログラムセミナーを開催します

たおやかで平和な共生社会創生プログラムではグローバルキャリアデザインセンターと共催で「第25回たおやかプログラムセミナー/第54回企業人材セミナー」を開催いたします。是非ご参加ください。
【タイトル/Title】 Some Industrial Aspects of Systems Engineering
【講演者/Lecturer】 Albert B.Gilg Prof.Dr.Dr-Ing.h.c Siemens AG & TUM, Munich/Germany 
シーメンス / ミュンヘン工科大学名誉教授・工学博士
【日時/Date】 平成26年11月5日(水) 13:00-14:30 
【会場/Venue】 工学研究科 A1-141 中会議室 (広島大学 東広島キャンパス) 
【講演概要/Abstruct】
Systems definition is, first of all, strongly correlated to individual, academic or business viewpoints. Industry business and industry products evolve and increasingly often change abruptly. Even
originally quasi-isolated systems like systems-on-a-chip have become embedded systems, in some cases as autonomous systems and nowadays as (sub-) systems-of-systems or cyber-physical systems. Furthermore multi-disciplinary systems, such as mechatronic products, growingly suffer from primary or lead discipline centered engineering approaches. Thus systems engineering as a key industrial capability is still very much challenged to provide adequate assistance by new methods, solutions and tools.

This seminar talk addresses characteristics of a changing industry company with its system products morphing form mechatronic products to cyber-physical systems. It will introduce an adequate system engineering process methodology (under development by a German consortium) and highlight some key challenges in engineering product and systems optimization with increasing impact of demand for robustness and uncertainty management.

The Seminar will be held in English and is open to the public.
【言語】英語
【対象】学部生、大学院生、研究員、教員、一般
ポスター(PDF

< Prev12345Next >