ニュース

【記念講演】台頭するインド ―インド人の活力と世界進出の秘密にせまる―

2018年2月3日(土)に、広島大学東広島キャンパス中央図書館 ライブラリーホールにて「台頭するインド ―インド人の活力と世界進出の秘密にせまる― 」と題した記念講演会が、広島大学総合博物館主催で開催されます。講演会には本プログラムのコーディネーターである、岡橋秀典教授の講演「広島大学のインド研究」も含まれます。

同時期に、インドに関わるイベントが2月1日(木)から9日(金)にかけて開催されますので、以下の詳細及びチラシにて併せてご確認ください。 また、広島大学総合博物館のイベントページもご覧下さい。

イベントはすべて入場無料・予約不要です。多数の皆様のご来場をお待ちしております。

[記念講演]
•日時: 2018年 2月 3日(土)13:00-15:00
•場所: ライブラリーホール (広島大学中央図書館内) 
•講演: 1. 「広島大学のインド研究」
                   岡橋 秀典 (広島大学大学院文学研究科教授・広島大学現代インド研究センター 前センター長) 
   2.「台頭するインド」―インド人の活力と世界進出の秘密にせまる―
                山下 博司 (東北大学大学院国際文化研究科教授)            

[企画展: 広島大学総合博物館 第12回企画展 第2弾]
•日時: 2018年 2月 1日(木)~2月 9日(金) 10:00-17:00
•場所: 広島大学学士会館2階レセプションホール
•展示名: インドを知ろう ―広島大学のチカラPart4―
•展示物: 広島大学のインド研究、オートリキシャ、サリー・パンジャビドレス・パジャーマなどの衣装・香辛料など

[イベント: オートリキシャに乗ってみよう!]
•日時: 2018年 2月 4日(日)13:00-17:00
•場所:広島大学教育学部北西 北第7駐車場

              

PDF  PDF

【2018/01/17開催・要申込】国際リンケージ型学位プログラム(文部科学省・大学の世界展開力強化事業)キックオフ会議を開催します

2018年1月17日(水)先端技術を社会実装するイノベーション人材養成のための国際リンケージ型学位プログラム(文部科学省・大学の世界展開力強化事業)キックオフ会議(第一回国際会議)を開催します。

広島大学とインド6大学・研究機関(インド工科大学デリー校、インド工科大学ムンバイ校、インド技術科学大学シブプール校、ビルラ技術科学大学ピラニ校、インド中央電子工学研究所、インド経営大学院アーメダバード校)は、このたび、革新技術を社会へ実装する高度イノベーション人材を養成するための国際教育プログラム実施協力に関する覚書を締結することとなりました。

インド6大学・機関はいずれも国内トップクラスであり、今後、本学との高度な教育交流・学術交流が期待できます。
この覚書は、文部科学省の平成29年度「大学の世界展開力強化事業~ロシア、インド等との大学間交流形成支援~ タイプA:交流推進プログラム(インド)」に採択された本学プログラム「先端技術を社会実装するイノベーション人材養成のための国際リンケージ型学位プログラム」の実施に関するもので、広島大学とインド6機関が、それぞれが持つ資源や機能等を活用して、学部生から大学院生までの幅広い教育交流プログラムを構築し、日印両国の架け橋となるリーダー人材の養成及び大学間の学術交流を推進するものです。

本学は、学長のイニシアティブの下で、研究・教育の強化、持続可能な発展を導く科学を推進する、新長期ビジョン「SPLENDOR PLAN 2017」を展開しています。インド6機関との連携は、広島大学の国際化を大きく進めるだけでなく、本学の持続可能な発展への寄与の実践、学生や修了生が世界へ羽ばたくきっかけとなるものです。

本覚書締結について調印式を開催し、その後インド6大学・機関及び本学の教育、研究の世界戦略についてパネルディスカッションを開催いたします。

【日 時】 2018年1月17日(水)12:50-17:00
【会 場】 広島国際会議場 地下2階大会議室「ダリア」(広島市中区中島町1番5号)
【使用言語】英語及び日本語(同時通訳あり)

【スケジュール】
第一部:国際リンケージ型学位プログラム調印式
12:50-12:55 開会挨拶   越智 光夫(広島大学長)
12:55-13:20   来賓挨拶 
13:20-13:30   世界展開力強化事業について 進藤 和澄(文部科学省高等教育局高等教育企画課国際企画室 室長))
13:30-13:50   先端技術を社会実装するイノベーション人材養成のための国際リンケージ型学位プログラム概要説明 プログラムディレクター 藤原 章正(広島大学大学院国際協力研究科 教授) 
13:50-14:20   調印式

第二部:公開討論:教育と研究のグローバル化への挑戦
14:40-15:20 基調講演:インドと日本の科学技術外交の展望
                         ギリシ・サーニ(科学産業研究評議会 理事長)
15:20-16:50 各大学からの報告:大学の国際戦略と展望(インド工科大学デリー校・インド工科大学ボンベイ校・インド技術科学大学シブプール校・ビルラ技術科学大学ピラニ校・インド中央電子工学研究所)
16:55-17:00 閉会挨拶 プログラム責任者 山本 陽介(広島大学理事・副学長)

*参加を希望する方は、1月12日(金)までに下記問い合わせ先へ氏名・所属先をご連絡ください。

【問い合わせ先】
広島大学ILDP事務室
TEL:082-424-6954
FAX:082-424-6954
Email: ildp-program*office.hiroshima-u.ac.jp(*は@に変換してお送りしてください)

ニューズレター「Flexibility, Endurability, and Peace」Vol.8: Winter 2017 を発行しました。

PDF版(1MB)は、こちらよりご覧いただけます。

(12/26) 第123回たおやかプログラムセミナーを開催します

第123回たおやかプログラムセミナーを開催いたします。
参加無料・事前登録不要です。ぜひご参加下さい。

■タイトル:Human Behavior Modeling
■講師:Prof. Junyi Zhang, Hiroshima University
■日時:2017年12月26日(火)16:00~17:30
■会場:広島大学国際協力研究科204講義室
■言語:英語

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PDF

第122回たおやかプログラムセミナーを開催します

第122回たおやかプログラムセミナーを開催いたします。
参加無料・事前登録不要です。ぜひご参加下さい。

■タイトル:Facing the New Challenges of Coastal Engineering in Chile 
■講師:Dr. Patricio Winckler (Associate Professor at Universidad de Valparaíso in Chile)
■日時:2017年12月15日(金)15:00~16:20
■会場:広島大学国際協力研究科1階大会議室
■コーディネーター:李 漢洙(大学院国際協力研究科・准教授)
■言語:英語

The coastal zone is one of the most dynamic environments on the planet, where meteorological, geological and oceanic agents interact in different magnitudes and spatiotemporal scales. In a context of climate change and in a country marked by major earthquakes and tsunamis, the knowledge of these agents is of fundamental importance to safeguard the security of human settlements, reduce the impacts of coastal works and guarantee port operations and development of the industry. Through local examples, the talk will focus on understanding the challenges in quantifying threats and defining coastal infrastructure adaptation strategies to tsunamis, storms and coastal erosion.

 

 

 

 

 

 

 

PDF

第121回たおやかプログラムセミナーを開催いたします。

参加無料ですので、皆さんお気軽にご参加ください。

■ 日時: 平成29年12月22日(金)10:00-12:00
■ 場所: 広島大学工学部 A1棟141号室(中会議室)
■ 演題  1. “System design issues for IOT Applications”
    2. “Learning Models for Question Answering System in restricted      domains”
    3. “Energy Efficient Circuit Design for Energy Autonomous IoT      Systems using Emerging Non-Volatile Memories”
■ 講師    1.Dr. Kota Solomon Raju,(ピラニ インド中央電子工学研究所・                              主任研究員)
      2.Dr. Sharma Yashvardhan(バーラ科学技術大学 ピラニ校・助教)
      3.Dr. Chaturvedi Nitin(バーラ科学技術大学 ピラニ校・助教)
■ 言語: 英語
■ 対象者:学生、教職員
■ 問い合わせ:広島大学 たおやかプログラム技術創生コース事務室
  E-mail:taoyaka-tech-sect★ml.hiroshima-u.ac.jp(★は@に置き換えて下さい)
     電話: 082-424-4597

 

 

 

 

 

 

 

 

ポスター

「Are You Asking Good Questions? : The interview skill you need to know for successful bottom-up research & projects 」と題したボトムアップのプロジェクトや研究のための対話型ワークショップを開催します

 たおやかプログラムでは、12月9日(土)認定NPO法人 ムラのミライの創設者であり、かつ、条件不利地域の人々との話し方の手法として、メタファシリテーション手法を築かれた和田信明氏を招き、ボトムアップのプロジェクトや研究のための対話型ワークショップを開催します。

■ 日時: 平成29年12月9日(土)9:30-17:30
■ 場所: 広島大学文学研究科 大会議室
■ 題目:Are You Asking Good Questions?
               ~ The interview skill you need to know for successful bottom-up research & projects     
■ 講師:和田 信明氏(認定NPO法人 ムラのミライ海外事業統括/コンサルタント)
■ 言語 :  英語

 

 

 

 

 

 

PDF

(12/7) 第4回国際ワークショップを開催します”Create sustainable community center in rural area”

第4回国際ワークショップ “Create sustainable community center in rural area” を以下の通り開催いたします。ぜひご参加ください。

  • 日時: 2017年12月7日(木)13:00-15:30
  • 会場: 広島大学 国際協力研究科 大会議室
  • *日英同時通訳付き
  • 申し込み: 12月6日までに氏名、所属を明記の上メールでお送りください。
    taoyaka-progrma*office.hiroshima-u.ac.jp (*は@に変換してください)

13:00-13:10

オープニング

13:10-14:00

招待講演

招待者:小谷小学校市民協働まちづくり協議会より
 加栗 建男氏(前会長)
 中野 正氏(会長)
 伊達 義明(文化・青少年育成部会会長)

 

休憩

14:10-15:00

学生発表 Team4

“Create sustainable community center in rural area.”

15:00-15:25

ラウンドテーブルディスカッション
“Implications for rural community development and the challenges for doing research with local residents”

15:25-15:30

Closing remarks

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PDF (1MB)

たおやか学生2名が未来博士3分間コンペティションで受賞しました

2017年11月25日(土)に開催された「未来博士3分間コンペティション2017」にて、たおやかプログラムの学生2名が受賞しました。

コンペティションでは,260名のオーディエンスを前に,本学をはじめ10大学の博士課程後期学生36名が1枚のスライド,持ち時間3分で研究内容のプレゼンテーションを行いました。

たおやかプログラムからは4名の学生が参加し,審査員及び審査オーディエンスの投票等の結果,NOVI SYAFTIKA (ノフィ シャフティカ) さんが最優秀賞、オーディエンス金賞(英語部門)、企業・団体賞(シュプリンガー・ネイチャー賞)の3つを受賞をし,銭谷 宙さんが企業・団体賞(JSW日本製鋼所賞)を受賞しました。おめでとうございます。

〇本人のコメント

Novi Syaftika(工学研究科博士課程後期3年 技術創生コース)
Title: Fueling your car with garbage and wastewater: possible?

“I have an interest in public speaking so when I heard about this competition, it instantly attracted my attention. My motivation was mainly training myself to improve my presentation skill. Presenting about PhD research in 3 minutes was very challenging. We have to be able to deliver the message in an attractive way to the audience who come from different background, also who are non-native and native English speakers in a very short time. I revised the slide and the script several times, and the last hardest part is to memorize the script and conquer the nervous feeling. I was lucky that some friends helped me practicing and improving my performance. It was an honor to represent Taoyaka and Hiroshima University. Receiving 3 awards at once was unbelievable! However, conquering fear, gaining experience, and expanding network are the achievements that I believe obtained by all contestants. It gave me the motivation to keep learning and improving myself. It was the most unforgettable 3 minutes in my life! Thank you for all the support!”

 

銭谷 宙(工学研究科博士課程後期2年 技術創生コース)
タイトル:有機半導体が世界の条件不利地域で活躍する!?

自身の研究を三分間のスピーチでまとめ上げるには、それなりの準備が必要でしたが、この準備自体が研究の意義や重要性を見つめ直すいい機会になったと思います。自身の研究の中で本当に伝えたいことは何なのか?そのことを自問自答しているうちに、スピーチする内容は自然と出来上がっていました。今回は自分自身の研究だけでなく、たおやかプログラムで経験したオンサイト教育のことを織り交ぜてスピーチをしました。世界に数多くある条件不利地域の存在とそこに住む人々の生活のことが、聴いてくださった皆さんに少しでも届いていれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

詳細はこちら(未来を拓く地方協奏プラットフォーム HIRAKU ホームページ)「未来博士3分間コンペティション2017」 開催報告 

第119回たおやかプログラムセミナーを開催いたします。

参加無料ですので、皆さんお気軽にご参加ください。

■ 日時: 平成29年12月25日(月)16:20-17:50
■ 場所: 広島大学工学部 A1棟141号室(中会議室)
■ 演題: Research Introduction of CASIA in the Field of Artificial Intelligence
■ 講師: 顧 慶毅先生(中国科学院教授)
■ 言語: 英語
■ 対象者:学生、教職員
■ 問い合わせ:広島大学 たおやかプログラム技術創生コース事務室
  E-mail:taoyaka-tech-sect★ml.hiroshima-u.ac.jp(★は@に置き換えて下さい)
     電話: 082-424-4597

 

 

 

 

 

 

 

 

PDF

123456789101112131415161718192021Next >