たおやか学生2名が未来博士3分間コンペティションで受賞しました

たおやか学生2名が未来博士3分間コンペティションで受賞しました

2017年11月25日(土)に開催された「未来博士3分間コンペティション2017」にて、たおやかプログラムの学生2名が受賞しました。

コンペティションでは,260名のオーディエンスを前に,本学をはじめ10大学の博士課程後期学生36名が1枚のスライド,持ち時間3分で研究内容のプレゼンテーションを行いました。

たおやかプログラムからは4名の学生が参加し,審査員及び審査オーディエンスの投票等の結果,NOVI SYAFTIKA (ノフィ シャフティカ) さんが最優秀賞、オーディエンス金賞(英語部門)、企業・団体賞(シュプリンガー・ネイチャー賞)の3つを受賞をし,銭谷 宙さんが企業・団体賞(JSW日本製鋼所賞)を受賞しました。おめでとうございます。

〇本人のコメント

Novi Syaftika(工学研究科博士課程後期3年 技術創生コース)
Title: Fueling your car with garbage and wastewater: possible?

“I have an interest in public speaking so when I heard about this competition, it instantly attracted my attention. My motivation was mainly training myself to improve my presentation skill. Presenting about PhD research in 3 minutes was very challenging. We have to be able to deliver the message in an attractive way to the audience who come from different background, also who are non-native and native English speakers in a very short time. I revised the slide and the script several times, and the last hardest part is to memorize the script and conquer the nervous feeling. I was lucky that some friends helped me practicing and improving my performance. It was an honor to represent Taoyaka and Hiroshima University. Receiving 3 awards at once was unbelievable! However, conquering fear, gaining experience, and expanding network are the achievements that I believe obtained by all contestants. It gave me the motivation to keep learning and improving myself. It was the most unforgettable 3 minutes in my life! Thank you for all the support!”

 

銭谷 宙(工学研究科博士課程後期2年 技術創生コース)
タイトル:有機半導体が世界の条件不利地域で活躍する!?

自身の研究を三分間のスピーチでまとめ上げるには、それなりの準備が必要でしたが、この準備自体が研究の意義や重要性を見つめ直すいい機会になったと思います。自身の研究の中で本当に伝えたいことは何なのか?そのことを自問自答しているうちに、スピーチする内容は自然と出来上がっていました。今回は自分自身の研究だけでなく、たおやかプログラムで経験したオンサイト教育のことを織り交ぜてスピーチをしました。世界に数多くある条件不利地域の存在とそこに住む人々の生活のことが、聴いてくださった皆さんに少しでも届いていれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

詳細はこちら(未来を拓く地方協奏プラットフォーム HIRAKU ホームページ)「未来博士3分間コンペティション2017」 開催報告