ニュース

プログラムサブコーディネーター・国際協力研究科教授 藤原章正先生がNHK World Radioに出演いたしました。

たおやかプログラムの共同研究「高齢者の免許返納制度の問題点」についてのコメントを、下記ウェブサイトからお聞きいただけます。

2015年4月22日(水)放送分 NHK World (Radio&Podcast)

「High Numbers of Elderly Driving Accidents Leads to Road Traffic Law Revision」

http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/english/radio/program/

 

博士課程教育リーディングプログラム奨励金受給者一覧を公開しました

ダウンロードはこちら

学生募集説明会を開催します(平成27年度10月入学・28年度4月入学)

①たおやかプログラム学生募集説明会

日時:2015年5月1日(金) 17:00-18:00
会場:(東広島)広島大学東広島キャンパス 国際協力研究科(IDEC) 1F 大会議室 アクセス
(東京)東京オフィスキャンパス・イノベーションセンター4F408会議室(テレビ会議システムによる中継)
アクセス
使用言語:日本語

②たおやかプログラム学生募集説明会(国際協力研究科の学生募集説明会内での説明)

日時:2015年5月15日(金)18:30-18:40
会場:広島大学東広島キャンパス 国際協力研究科(IDEC)1F 大会議室 アクセス 

③たおやかプログラム学生募集説明会

日時:2015年6月7日(日)16:15-16:45
会場:東京オフィスキャンパス・イノベーションセンター4F408会議室 アクセス [東京]

※開始時刻が変更になりましたのでお気を付けください。

≪問い合わせ先≫
たおやかで平和な共生社会創生プログラム事務室
〒739-8529 東広島市鏡山1-5-1 (広島大学大学院国際協力研究科内)
TEL: 082-424-4692
E-mail: apply(AT)taoyaka.hiroshima-u.ac.jp
*(AT)は半角@に置き換え


ダウンロードはこちら

「たおやかで平和な共生社会創生プログラム」開講式を行いました

平成27年4月3日(金)、「たおやかで平和な共生社会創生プログラム」開講式を行い、第三期生8名の入学者を新たに迎えました。
本プログラムに入学した8名の出身地は、日本、バングラディシュ、ネパール、インド、ベトナム、中国及びコスタリカとさまざまです。
「たおやかで平和な共生社会創生プログラム」は、世界的課題である多文化共生社会の実現を目指し、共生的な地域社会の形成を推進する自主性・実行力・多角的思考・創造力を備えた人材を育成するプログラムです。

坂越正樹副学長(プログラム責任者)は式辞の中で、「これから5年間の一貫教育で、グローバルリーダーとして国際的に活躍できるよう学業に励んでください。」と、英語で激励の言葉を贈りました。8名の新入生は、本プログラムを通じ、他分野との共修・協働により、共生的な地域社会の形成を推進する自主性・実行力・多角的思考・創造力を備えたグローバルリーダーとして羽ばたくことを目指します。

平成27年10月及び平成28年4月入学の学生募集要項を公開しました

詳細については、下記のページをご覧下さい。

学生募集案内

第37回たおやかプログラムセミナーを開催します

たおやかで平和な共生社会創生プログラムでは、第37回たおやかプログラムセミナー(第285回IDECアジアセミナー)を開催します。

ぜひご参加ください。

演題:

1. Housing Urban poor: Dynamics of Slum Rehabilitation in Mumbai

2. Social networks and psychological factors for pro-environmental behavior in urban waste management

講師:

1. Arnab Jana (インド工科大学ボンベイ校・助教)

2. Ronita Bardhan (インド工科大学ボンベイ校・助教)

日時:2015年3月21日(土)15:00-17:00

場所:国際協力研究科2F 204講義室

言語:英語

対象:学生・教員・一般

問い合わせ先:たおやかプログラム事務室 内線6954 E-mail : taoyaka[at]hiroshima-u.ac.jp(atは半角に変換して送信してください)


    ダウンロードはこちら

第36回たおやかプログラムセミナーを開催します

たおやかで平和な共生社会創生プログラムでは、第36回たおやかプログラムセミナー(第284回IDECアジアセミナー)を開催します。

演題:The Innovation Process: Why Only Some Lessons from National Defense Apply to Development
講師:Eugene Gholz(テキサス大学オースティン校リンドンジョンソン公共政策研究科・准教授)
日時:2015年3月20日(金)16:00-17:30
場所:国際協力研究科2F 204講義室
言語:英語
問い合わせ先:たおやかプログラム事務室 内線6954 
E-mail : taoyaka[at]hiroshima-u.ac.jp(atは半角に変換して送信してください)


     ダウンロードはこちら

 

第33回たおやかプログラムセミナーを開催します。

日時: 平成27年3月6日(金) 14:00~15:30

場所: 広島大学 工学研究科 A1-111

講師: Dr. Kota Solomon Raju, Principal Scientist & Project Leader, CSIR-Central Electronics Engineering Research Institute(CEERI), Pilani, India

題目: Reconfigurable Computing Systems and Wireless Sensor Networks (WSN) Systems Design: Work at CSIR-CEERI, Pilani

言語: 英語

対象: 学生・教員

問い合わせ: たおやかで平和な共生社会創生プログラム技術創生コース事務室

電話: 082-424-4597
メール:taoyaka-tech-sectml[a]hiroshima-u.ac.jp
※[a]は、@を半角に変換して送信してください。

ダウンロードはこちら

 

「たおやかで平和な共生社会創生プログラム」第8回原爆ドーム健全度調査を見学

プレスリリース(PDF)

このたび広島大学「たおやかで平和な共生社会創生プログラム」の留学生らが、原爆ドームにおける第8回健全度調査実施にあわせ、下記の通り見学を行いますので、お知らせいたします。
「たおやかで平和な共生社会創生プログラム」は、文化・技術・社会の連鎖的発展を導き、広く産官学にわたりグローバルに活躍する人材の育成を目指す、博士課程前期・後期一貫制の学位プログラムで、平成25年度文部科学省博士課程教育リーディングプログラムに採択されました。
このたびの見学には、インドネシア、タイ、ベトナム、中国、ラオスからの留学生を含む本プログラム履修生とともに、本プログラムの国内外の研究協力者が参加します。本プログラム履修生は、健全度調査に用いられるデジタル写真測量等の技術について、また保全活動に関わる行政機関と市民団体の連携体制について理解を深め、その技術や活動モデルが、開発途上国においても歴史的建造物や遺跡の保護に活用される可能性を考えます。
健全度調査は、原爆ドームの経年劣化を把握するため、平成4年度(1992年度)以降、原則3年毎に実施されています。本年、被爆後70年を迎える原爆ドームは、建立から100年の時を経た歴史ある建造物でもあります。世界遺産に登録された原爆ドームを、恒久平和を目指す広島の象徴として後世に残してゆくためには、先端的な技術を用い、行政機関や市民団体と協力しながら持続的な保全活動を行うことが重要です。

                  ———-記———-

日時:    平成27年3月4日(水)
     13:30        原爆ドーム 集合

     14:00-14:30 第8回健全度調査(原爆ドーム内部)説明     ※要ヘルメット着用

     14:30-15:30 原爆ドーム内部見学     ※要ヘルメット着用

     15:30-16:30 平和記念公園 自由見学     ※多少、時間変更の可能性があります。

 

場所:    原爆ドーム内部及び周辺

 

参加者(予定):25~30名程度
【内訳】
たおやかで平和な共生社会創生プログラム 学生15名程度(内、留学生10名程度)

本プログラム担当教職員7名程度

     担当教員:石井 抱 (工学研究科・システムサイバネティクス専攻・教授)
     近藤 俊明 (国際協力研究科 特任准教授)
     顧 慶毅 (工学研究科 特任助教)

本プログラム協力研究者2名

     インド中央電子工学研究所(CSIR-CEERI, Pilani)
     Dr. Kota Solomon Raju 
     Dr. Pokkunuri Bhanu Prasad

–    原爆ドームの健全度調査については、こちらをご参照ください。

【お問い合わせ先】
広島大学たおやかプログラム事務室 是恒(これつね) さくら
東広島市鏡山 1 丁目 5 番 1 号
Tel: 082-424-4696   FAX:082-424-6954
E-mail: taoyaka-program[a]office.hiroshima-u.ac.jp

※[a]を半角@に置き換えてください。

第28回たおやかプログラムセミナーを開催しました

日 時 :平成26年12月17日(水)12:50-14:20
場 所 :広島大学大学院 文学研究科 B204(リテラ)
題 目 :Regional Social Capital in Rural Regions – Some Cases in Depopulated Areas in Japan and the Other Countries –
講 師 :堤 研二(大阪大学大学院 文学研究科 教授)
言 語 :英語
対象者 :学生、教職員、一般

< Prev1234567891011121314151617Next >