ニュース

「Are You Asking Good Questions? : The interview skill you need to know for successful bottom-up research & projects 」と題したボトムアップのプロジェクトや研究のための対話型ワークショップを開催します

 たおやかプログラムでは、12月9日(土)認定NPO法人 ムラのミライの創設者であり、かつ、条件不利地域の人々との話し方の手法として、メタファシリテーション手法を築かれた和田信明氏を招き、ボトムアップのプロジェクトや研究のための対話型ワークショップを開催します。

■ 日時: 平成29年12月9日(土)9:30-17:30
■ 場所: 広島大学文学研究科 大会議室
■ 題目:Are You Asking Good Questions?
               ~ The interview skill you need to know for successful bottom-up research & projects     
■ 講師:和田 信明氏(認定NPO法人 ムラのミライ海外事業統括/コンサルタント)
■ 言語 :  英語

 

 

 

 

 

 

PDF

(12/7) 第4回国際ワークショップを開催します”Create sustainable community center in rural area”

第4回国際ワークショップ “Create sustainable community center in rural area” を以下の通り開催いたします。ぜひご参加ください。

  • 日時: 2017年12月7日(木)13:00-15:30
  • 会場: 広島大学 国際協力研究科 大会議室
  • *日英同時通訳付き
  • 申し込み: 12月6日までに氏名、所属を明記の上メールでお送りください。
    taoyaka-progrma*office.hiroshima-u.ac.jp (*は@に変換してください)

13:00-13:10

オープニング

13:10-14:00

招待講演

招待者:小谷小学校市民協働まちづくり協議会より
 加栗 建男氏(前会長)
 中野 正氏(会長)
 伊達 義明(文化・青少年育成部会会長)

 

休憩

14:10-15:00

学生発表 Team4

“Create sustainable community center in rural area.”

15:00-15:25

ラウンドテーブルディスカッション
“Implications for rural community development and the challenges for doing research with local residents”

15:25-15:30

Closing remarks

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PDF (1MB)

たおやか学生2名が未来博士3分間コンペティションで受賞しました

2017年11月25日(土)に開催された「未来博士3分間コンペティション2017」にて、たおやかプログラムの学生2名が受賞しました。

コンペティションでは,260名のオーディエンスを前に,本学をはじめ10大学の博士課程後期学生36名が1枚のスライド,持ち時間3分で研究内容のプレゼンテーションを行いました。

たおやかプログラムからは4名の学生が参加し,審査員及び審査オーディエンスの投票等の結果,NOVI SYAFTIKA (ノフィ シャフティカ) さんが最優秀賞、オーディエンス金賞(英語部門)、企業・団体賞(シュプリンガー・ネイチャー賞)の3つを受賞をし,銭谷 宙さんが企業・団体賞(JSW日本製鋼所賞)を受賞しました。おめでとうございます。

〇本人のコメント

Novi Syaftika(工学研究科博士課程後期3年 技術創生コース)
Title: Fueling your car with garbage and wastewater: possible?

“I have an interest in public speaking so when I heard about this competition, it instantly attracted my attention. My motivation was mainly training myself to improve my presentation skill. Presenting about PhD research in 3 minutes was very challenging. We have to be able to deliver the message in an attractive way to the audience who come from different background, also who are non-native and native English speakers in a very short time. I revised the slide and the script several times, and the last hardest part is to memorize the script and conquer the nervous feeling. I was lucky that some friends helped me practicing and improving my performance. It was an honor to represent Taoyaka and Hiroshima University. Receiving 3 awards at once was unbelievable! However, conquering fear, gaining experience, and expanding network are the achievements that I believe obtained by all contestants. It gave me the motivation to keep learning and improving myself. It was the most unforgettable 3 minutes in my life! Thank you for all the support!”

 

銭谷 宙(工学研究科博士課程後期2年 技術創生コース)
タイトル:有機半導体が世界の条件不利地域で活躍する!?

自身の研究を三分間のスピーチでまとめ上げるには、それなりの準備が必要でしたが、この準備自体が研究の意義や重要性を見つめ直すいい機会になったと思います。自身の研究の中で本当に伝えたいことは何なのか?そのことを自問自答しているうちに、スピーチする内容は自然と出来上がっていました。今回は自分自身の研究だけでなく、たおやかプログラムで経験したオンサイト教育のことを織り交ぜてスピーチをしました。世界に数多くある条件不利地域の存在とそこに住む人々の生活のことが、聴いてくださった皆さんに少しでも届いていれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

詳細はこちら(未来を拓く地方協奏プラットフォーム HIRAKU ホームページ)「未来博士3分間コンペティション2017」 開催報告 

第119回たおやかプログラムセミナーを開催いたします。

参加無料ですので、皆さんお気軽にご参加ください。

■ 日時: 平成29年12月25日(月)16:20-17:50
■ 場所: 広島大学工学部 A1棟141号室(中会議室)
■ 演題: Research Introduction of CASIA in the Field of Artificial Intelligence
■ 講師: 顧 慶毅先生(中国科学院教授)
■ 言語: 英語
■ 対象者:学生、教職員
■ 問い合わせ:広島大学 たおやかプログラム技術創生コース事務室
  E-mail:taoyaka-tech-sect★ml.hiroshima-u.ac.jp(★は@に置き換えて下さい)
     電話: 082-424-4597

 

 

 

 

 

 

 

 

PDF

たおやかプログラムの学生による分野融合セミナーシリーズ 「TAOYAKA Program Seminar Series」 を11月16日(木)より開催します。

このセミナーシリーズは、学生からの要望もあり、昨年度から開始しました。分野融合セミナーとして、特に異コースの学生のアカデミックレベルでの情報交換・交流の場、また、専門以外の人にもわかりやすく自分の研究や学習を発表できる場を提供しています。 また、たおやかプログラムの3つのコースの学生がひとつの問題解決に取り組む、オンサイトチームプロジェクトのチーム編成のために重要な役割を果たします。 前学期に引き続き、運営・実施についても、主に3つのコースから選出された、たおやか学生代表が担当します。

シリーズは通常2つのセミナーで構成され、発表者は、たおやかプログラムの3つのコース(技術創生、文化創生、社会実装コース)の中から2つの異分野のコース学生が担当します。
2017年度後期は全3回で、木曜日の午後12時50分 から14時20分に 大学会館のたおやかクラスルームで開催しています。以下の詳細をご覧下さい。 どなたでもご参加いただけますので、お時間がありましたら是非ご参加ください。

 

<TAOYAKA Student Seminar Series 2017 後期 予定表>

場所: たおやかクラスルーム (大学会館2階 フリースペース)
時間: 12:50-14:20

■Series IV: 2017年 11月16日(木)
* この回は研修で効果的なインタビュースキルを学んだ2人の学生が、ハンズオンワークショップスタイルを取り入れ、修得した知識を共有する特別なセミナーとなります。
12月にはその研修の講師をお呼びし、たおやかの学生に1日ワークショップを開催しますが、その事前学習ともなります。

http://taoyaka.hiroshima-u.ac.jp/wptaoyaka/wp-content/uploads/2016/05/TAOYAKA-Intro-Photo-Rie-Usui.jpgSeminar #7 & 8 : <Are you asking GOOD questions? The interview skill you need to know for successful bottom-up research & projects>

Rie Usui, D2, Cultural Creation Course, Graduate School of Integrated Arts and Sciences,division of Integrated Arts and Sciences
                                                  AND
 http://taoyaka.hiroshima-u.ac.jp/wptaoyaka/wp-content/uploads/2015/10/Qu-Meng.jpgQu Meng, M2, Cultural Creation Course, Graduate School of Integrated Arts and Sciences,division of Integrated Arts and Sciences 


                                           
■Series V: 2017年 12月14日(木) 

SimonaZolletSeminar #9: <Nurturing sustainable agro-food systems in Japan: the role of new entrant organic farmers>
Simona Zollet, M2, Cultural Creation Course, Graduate School for International Development and Cooperation, Program in Educational Development and Cultural and Regional Studies

Seminar #10: <Development of sensor based AI system for walking robots>
Sunandan Dutta, D1, Technical Creation Course
, Graduate School of Engineering, Program in System Cybernetics
   

 

■Series VI: 2018年 1月25日(木)
IMG_2116 - Copy◎Seminar #11: <ForceHand – An interactive glove enabled with pneumatic artificial muscles>
Swagata Das, M2, Technical Creation Course,
Graduate School of Engineering, Program in System Cybernetics


ToanSeminar #12: <TBA>
Nguyen Phu Toan, D2, Social Implementation Course
Graduate School for International Development and Cooperation, Program in Development Science

 

 

 

 

第120回たおやかプログラムセミナーを開催します

第120回たおやかプログラムセミナーを開催いたします。
参加無料・事前登録不要です。ぜひご参加下さい。

■タイトル:Immigrants’ Residential and Occupational Mobility in the U.S. and Local Policies
■講師:Dr. Cathy Yang Liu, Associate Professor of Public Policy, Andrew Young School of Policy Studies, Georgia State University; Managing Editor, Journal of Urban Affairs
■日時:2017年12月7日(木)16:20~17:50
■会場:広島大学国際協力研究科1階大会議室
■モデレーター:張 峻屹(大学院国際協力研究科・教授)
■言語:英語

The immigrant population is an important force shaping American cities in numerous ways. In designing viable policy and planning responses to incorporate immigrants at the local level, we need to understand their residential mobility patterns in the housing market and occupational mobility patterns in the labor market, both of which are pathways to economic mobility. This presentation synthesizes my two recent research projects which examine 1) immigrants changing residential location choices over time both within and across metropolitan areas and 2) the evaluation of the top employment niches that immigrants concentrate in from 1990 to 2010 using U.S. Census data. In addition, I will discuss a new local policy trend called “welcoming city” as a recent policy innovation to engage the immigrant population in urban development.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PDF

2018年4月(第2次募集)及び10月入学試験(一般選抜/3年次編入)

出願期間

2017年11月6日(月)~11月17日(金)17時

募集要項

2018年4月(第2次募集)及び10月入学・3年次編入試験(PDF)

出願書類所定様式

一般選抜試験(Word)
3年次編入試験(Word)

インターネット出願
インターネット出願はこちらから
*出願期間外はご利用になれません。

 

出願にあたり、こちらをよくお読みください。
よくある質問はこちら
奨励金・学生支援はこちら

お問い合わせ・申し込み先

広島大学大学院たおやかプログラム事務室

E-mail: apply★taoyaka.hiroshima-u.ac.jp (★を@にかえてください。)

たおやかプログラム第一期修了生のタンチャイ・マッタナさんが2017年3MTアジア大会 準決勝戦にてCosmos Editor’s Choice賞を受賞しました

2017年9月29日、「未来博士3分間コンペティション2016」のグローバルチャレンジ賞受賞者、 タンチャイ・マッタナさん(広島大学大学院先端物質科学研究科博士課程 たおやかプログラム第一期修了生 )が、3分間研究プレゼンテーション大会の本場、クイーンズランド大学で開催された3MTアジア大会 準決勝戦に本学を代表して出場され、各国から集まった精鋭達54名と競いました。8割がオセアニア諸地域からの代表者、日本からの代表者はたった1人という状況下で堂々と自身の研究について分かりやすく発表、健闘され、Cosmos Editor’s Choice (サイエンス誌「Cosmos」の編集者が選ぶ冠賞)を受賞されました。マッタナさんのプレゼンテーション動画(下記参照)がコスモス誌のウェブサイトに公開される予定です。

マッタナさんは、「非常に大規模な大会だったので緊張したが、各国から集まった発表者たちとも交流を図り、非常に有意義な一日だった」と話していました。

    

 

 

(10/30)第3回国際ワークショップを開催します”Multidisciplinary Research: Challenges & Future Prospects”

第3回国際ワークショップ “Multidisciplinary Research: Challenges & Future Prospects” を以下の通り開催いたします。ぜひご参加ください。

  • 日時: 2017年10月30日(月)13:00-17:00
  • 会場: 広島大学 国際協力研究科 大会議室
  • *日英同時通訳付き
  • 申し込み: 10月25日までに氏名、所属を明記の上メールでお送りください。
    taoyaka-progrma*office.hiroshima-u.ac.jp (*は@に変換してください)

13:00-13:15

オープニング

13:20-14:00

Guest speaker 1

Mr. Rajeev Gyani, Chief Engineer, CREDA (Chhattisgarh Renewable Energy Development Agency)

“Solar photovoltaic technology understands the present human needs ”

14:05-14:45

Guest speaker 2
Mr. Akira Inoue from Mitarai

Mr. Akira Inoue, Manager, Yōsoro LCC (合同会社よ~そろ) ­

“Community Revitalization; Three birds with one stone (一石三鳥のまちづくり)”

 

休憩

14:55-15:25

学生発表 Team3

“Conjoint Analysis of Consumers’ Preferences on Future Organic Solar PV”

15:30-16:00

学生発表 Team5

“Enhancing Tourism Development at Mitarai on Osakishimojima Island: Focusing on Inbound Tourism”

16:05-16:50

ポスターセッション & ラウンドテーブルディスカッション
“Q & A, Sharing information and experiences”

16:55-17:00

Closing remarks

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PDF

第118回たおやかプログラムセミナーを開催します

第118回たおやかプログラムセミナーを開催いたします。
参加無料・事前登録不要です。ぜひご参加下さい。

■タイトル:Mexican education reforms: realities and challenges
■講師:Carlos Ornelas, Ph.D. Regional Cooperation Centre for Adult Education in Latin America and the Caribbean (CREFAL)
■日時:2017年12月4日(月)16:10~17:40
■会場:広島大学国際協力研究科1階大会議室
■モデレーター:櫻井 里穂 (教育開発国際協力研究センター・准教授)
■言語:英語

 Mexico features unique education system. It has very long compulsory education period, and often changes education laws. This lecture introduces dynamics of Mexican education reforms and remaining challenges. 
 Since late 1980s, Mexico has undertaken educational reforms aiming at increasing the quality of education, make the system equitable, and arrange a highly bureaucratic management. The government and the powerful National Teachers Union (SNTE) agreed to achieve those ends. In 1992 both parties signed the National Agreement for the Modernization of Basic Education; the federal government transferred to the states many duties and resources, but the system did not improve, quite the contrary. In the second attempt, called the Alliance for the Quality of Education, the government transferred to the Labor Union many of its legal obligations. The SNTE bosses became the rectors of education. 
 On December 1, 2012, President Peña Nieto launched the third attempt. This time without an accord with SNTE, but against it. The Peña Nieto Reform re-centralized many functions that past administrations relocated to the state governments and took over portions of the power of the Union leaders, including the imprisonment of some of them.
 The reforms appear to be working fine against some corporatist traditions of the Mexican education system but in a very complex political context. The lecturer will base his analysis on two concepts: power technology and dialectics of control in regards to Mexican education reforms.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PDF

< Prev12345678910111213141516171819202122232425Next >