ニュース

【アカデミックメンターに聞く】 吉田 雄一朗教授

社会実装コース国際協力研究科 吉田 雄一朗教授のインタビュー記事「条件不利地域——それは必ずしも辺境の地ではなく我々自身の中にある」を掲載しました。詳細はこちら

国際地球理解年(IYGU)がホームページを開設しました

 

IYGUは、私たちの身近な行動がどのように地球規模の影響力を持つかについての理解を深め、深刻な地球規模の問題に対するより良い改善策の追求に資することを目的としています。この度、ホームページを開設いたしましたので、是非ご覧ください。

http://home.hiroshima-u.ac.jp/iygu/index.html

第70回たおやかプログラムセミナーを開催します

参加無料・事前登録不要です。ぜひお気軽にご参加ください。

日 時: 平成28年6月28日(火)15:00~17:00
場 所: 広島大学大学院国際協力研究科1F小会議室(〒739-8529 東広島市鏡山1丁目5-1)
言 語: 英語
題 目:
① Nutritional security and health benefits of ethnic foods in India and Nepal
       (by Dr. Jyoti Prakash Tamang, Professor and Dean, School of Life Sciences, Sikkim University)
② Methods of fish preservation for nutrition in Nepal and India
      (by Dr. Namrata Thapa Tamang, Associate Professor and Head, Department of Zoology, Sikkim University)
問合せ: 広島大学たおやかプログラム事務室
     Email: taoyaka-program★office.hiroshima-u.ac.jp

the 70th taoyaka program seminar

 (PDF: 765KB)

 

(5/18・5/27) 第67回・第68回 たおやかプログラムセミナーを開催しました

たおやかプログラム社会実装コースでは、5月に下記のとおり二つのたおやかプログラムセミナーを開催いたしました。多数のご参加ありがとうございました。

                 記

 第67回たおやかプログラムセミナー
日 時:平成28年5月18日(水)16:20~17:50
場 所:広島大学大学院国際協力研究科 204号室
題 目:A reconciled estimate of 20th century global mean sea-level rise
講 師:Dr.-Ing. Sönke Dangendorf, Researcher, Research Institute for Water and Environment (fwu) , University of Siegen, Germany

67th_リーハンス先生DSCN1980DSCN1986

 

第68回たおやかプログラムセミナー
日 時:平成28年5月27日(金)17:00~18:30
場 所:広島大学大学院国際協力研究科 203号室
題 目:International Survey on Subjective Analysis
講 師:馬奈木 俊介 九州大学大学院工学研究院 教授/九州大学都市研究センター長 & 主幹教授

68th_金子先生DSCN3531IMG_5088

 

 

 

学生募集説明会の動画を公開しました

平成28年4月28日に実施されました、学生募集説明会の動画を公開いたしました。

 

説明会の開催案内はこちら

第66回たおやかプログラムセミナーを開催します

平成28年4月27日(水)、インドからの客員教授により、IDECセミナーと共催で、第66回たおやかプログラムセミナーを下記の通り開催いたします。参加無料・予約不要です。     皆様、ぜひご参加ください。
                      記

■ 日時: 2016年4月27日(水) 14:35-16:05
■ 場所: 国際協力研究科 204号室
■ 演題及び講師:

【演題1】Housing in Mumbai: Trade-offs between accessibility, affordability and informality
【講師1】Prof. Arnab Jana, Visiting Associate Professor of IDEC, Indian Institute of Technology Bombay <http://www1.iitb.ac.in/>
       
【演題2】Urban Transformation in Ahmedabad City
【講師2】Prof. Prem Pangotra, Visiting Professor of IDEC, Indian Institute of Management, Ahmedabad <http://www.iimahd.ernet.in/>

■ 言語: 英語
■ 対象者:学生、教職員

【問合せ先】たおやかプログラム事務室
メール:taoyaka-program★office.hiroshima-u.ac.jp (★は @に変えて下さい)
電話: 082-424-4697

56th_poster_final_力石先生

PDFはこちら

中国新聞に熊原准教授が掲載されました

中国新聞2016年(平成28年)4月19日付朝刊にプログラム担当者の教育学研究科 熊原康博 准教授(文化創生コース)が、熊本県で発生した地震について、広島大学で行った会見記事が掲載されました。

 

(5/16)オンサイトチームプロジェクト プロポーザル発表を行います

たおやかプログラムD3学生4名がオンサイトチームプロジェクトを開始いたしました。

以下の日程で、プロポーザル発表を行います。

■日時:2016年5月16日(月)9:00-10:00

■会場:広島大学国際協力研究科  204講義室

■発表者:

Novi Syaftika(工学研究科 機械物理工学専攻)
Teguh Nur Rohman (生物圏科学研究科 環境循環系制御学専攻)
Nguyen Thanh Quan(国際協力研究科 開発科学専攻)
Nguyen Phu Toan (国際協力研究科 開発科学専攻)

<オンサイトチームプロジェクト>
異なる3つのコースに所属する学生がチームを組み、産学官やフィールドネットワークの協力を得ながら、独自の発想のもとに、オンサイト・チームプロジェク トを企画、実践します。プロジェクトでは、多文化共生課題に対して、異なるコースの学生が、お互いの専門知識を持ち寄って、多文化共生課題の解決に挑みま す。広島大学の地域研究、国際協力分野が構築したフィールドネットワークと、半導体コンソーシアムを中心とした企業群がオンサイト・チームプロジェクトを 支援します。

興味のある方は是非ご参加ください。参加される場合は、以下連絡先に事前にご連絡ください。

【連絡先】
たおやかプログラム事務室
Tel: 082-424-4696
E-mail taoyaka-program★office.hiroshima-u.ac.jp (★は@に置き換えてください)

(4/6)開講式を行いました

「たおやかで平和な共生社会創生プログラム」では、平成28年4月6日、5度目の開講式を挙行しました。日本、イタリア、インド、中国、アメリカ合衆国、バングラディシュ及びベトナムより、様々な分野の経歴や学歴を持つ13名の新入生が参列した。今回の入学により、学生の出身国は14か国、合計46名となり、多様で幅広い研究活動が期待されます。

開講式では、今年度より就任された宮谷プログラム責任者より式辞があり、「これから5年間の一貫教育で、グローバルリーダーとして国際的に活躍できるよう学業に励んでください」と、英語で激励の言葉を贈りました。
本プログラムを通じ、13名の新入生は、自主性・実行力・多角的思考・創造力を備え、多文化共生課題の解決に挑み、オンサイト・リバースイノベーションを推進する、世界で活躍できる人材として羽ばたくことを目指します。

DSCN3490

【アカデミックメンターに聞く】川野教授の記事を掲載しました

社会実装コース 平和科学研究センター 川野徳幸教授 「平和な共生社会とは何をもって誰を対象に実現するのか。そこが起点となる取り組みを」

詳細はこちら

 

< Prev1234567891011121314151617Next >