たおやかプログラム第一期修了生のタンチャイ・マッタナさんが2017年3MTアジア大会 準決勝戦でCosmos Editor’s Choice賞を受賞しました

たおやかプログラム第一期修了生のタンチャイ・マッタナさんが2017年3MTアジア大会 準決勝戦にてCosmos Editor’s Choice賞を受賞しました

2017年9月29日、「未来博士3分間コンペティション2016」のグローバルチャレンジ賞受賞者、 タンチャイ・マッタナさん(広島大学大学院先端物質科学研究科博士課程 たおやかプログラム第一期修了生 )が、3分間研究プレゼンテーション大会の本場、クイーンズランド大学で開催された3MTアジア大会 準決勝戦に本学を代表して出場され、各国から集まった精鋭達54名と競いました。8割がオセアニア諸地域からの代表者、日本からの代表者はたった1人という状況下で堂々と自身の研究について分かりやすく発表、健闘され、Cosmos Editor’s Choice (サイエンス誌「Cosmos」の編集者が選ぶ冠賞)を受賞されました。マッタナさんのプレゼンテーション動画(下記参照)がコスモス誌のウェブサイトに公開される予定です。

マッタナさんは、「非常に大規模な大会だったので緊張したが、各国から集まった発表者たちとも交流を図り、非常に有意義な一日だった」と話していました。