ニュース

オンサイトチームプロジェクト・ガイダンス及び個人プロポーザル発表を行いました

平成26年度4月入学・平成28年度編入の学生向けに、以下の日程でオンサイトチームプロジェクトのガイダンスとチーム編成のための個人プロポーザル発表を行いました。それぞれのプロポーザルをもとに、教員を交えてチーム編成の話し合いを行いました。

  • 日時:平成28年7月22日(金)10:30-12:00
 
  • 発表者:平成26年4月入学者・平成28年4月編入者

   Nguyen Thi Phuong Hao (文学研究科 人文学専攻)

   Chau Ngoc Thai (文学研究科 人文学専攻)

   Anindita Maya Julungwang (国際協力研究科 教育文化専攻)

   笛吹理絵 (総合科学研究科 総合科学専攻)

   中村優希 (工学研究科 システムサイバネティクス専攻)

   銭谷宙 (工学研究科 システムサイバネティクス専攻)

   張湘煜 (工学研究科 システムサイバネティクス専攻)

   Alam Mohammad Jahangir (国際協力研究科 開発科学専攻)

   張凌寒 (国際協力研究科 開発科学専攻)

 

<オンサイトチームプロジェクト>
異なる3つのコースに所属する学生がチームを組み、産学官やフィールドネットワークの協力を得ながら、独自の発想のもとに、オンサイト・チームプロジェク トを企画、実践します。プロジェクトでは、多文化共生課題に対して、異なるコースの学生が、お互いの専門知識を持ち寄って、多文化共生課題の解決に挑みま す。広島大学の地域研究、国際協力分野が構築したフィールドネットワークと、半導体コンソーシアムを中心とした企業群がオンサイト・チームプロジェクトを 支援します。

DSCN2458 DSCN3859      

 

 

(8/5)第74回たおやかプログラムセミナーを開催します

 

平成28年8月5日(金)、イギリスのバース大学から教授をお招きし、下記のとおり第74回たおやかプログラムセミナーを開催いたします。参加無料・予約不要です。皆様、ぜひご参加ください。
                      

                    記

■ 日時: 平成28年8月5日(金) 16:30-18:00
■ 場所: 国際協力研究科 1階 小会議室
■ 演題:   The displacement effect of convenience: the case of recycling
■ 講 師:  Dr. Shasikanta Nandeibam  、教授、バース大学 経済学部  
■ 言語: 英語
■ 対象者:学生、教職員
■ 担当教員:吉田雄一朗教授
■ 問合せ先: たおやかプログラム事務室■ 問合せ先: たおやかプログラム事務室
メール:taoyaka-program★office.hiroshima-u.ac.jp (★は @に変えて下さい)
電話: 082-424-4697

326回IDEC・74回たおやかセミナーポスターPDF

(オンサイト・チーム・プロジェクト)Facebookページ「いなかいーね」を開設しました

オンサイトチームプロジェクトの一環で、エコツーリズムの ホームステイ事業として、学生がFacebookページ「いなかいーね INAKA INE」を開設しました。ぜひご覧ください。 

また、7月1日(金)広島大学学生プラザにてたおやか学生がツーリズムについて意見交換会を行いました。

DSCN1533

 (7/6)第73回たおやかプログラムセミナーを開催します

第73回たおやかプログラムセミナーを開催いたします。参加無料です。皆様、是非ご参加下さい。

■ 日時: 平成28年7月6日(水)16:20-17:50
■ 場所: 広島大学工学部 B3棟108講義室
■ テーマ:On going Projects at BITS Pilani (Considering Social, Industrial and Futuristic Challenges)
■ 講師:Karunesh Kumar Gupta先生(Assistant Prof. of Electrical, Electronics and Instrumentation Engineering BITS, Pilani, インド)
■ 言語: 英語
■ 対象者:学生、教職員
■ 問い合わせ:広島大学 たおやかプログラム技術創生コース事務室
E-mail taoyaka-tech-sect★ml.hiroshima-u.ac.jp(★は@に置き換えて下さい)
電話: 082-424-4597

73rd_taoyaka_program_seminar

73rd_taoyaka_program_seminar

 

(7/15)第71回たおやかプログラムセミナーを開催します

平成28年7月15日(金)、ワシントン大学から教授をお招きし、下記のとおり第71回たおやかプログラムセミナーを開催いたします。参加無料・予約不要です。皆様、ぜひご参加ください。
                      

                    記

■ 日時: 平成28年7月15日(金) 15:00-17:00
■ 場所: 国際協力研究科 1階 大会議室
■ 演題:   Toward Smart and Connected Communities: Challenges and Opportunities in Transportation
■ 講 師:  Prof. Yinhai Wang, ワシントン大学 
■ 言語: 英語
■ 対象者:学生、教職員
■ 問合せ先: たおやかプログラム事務室
メール:taoyaka-program★office.hiroshima-u.ac.jp (★は @に変えて下さい)
電話: 082-424-4697

71thTAOYAKA seminar_final

PDF

 

第72回たおやかプログラムセミナーを開催します

参加無料・事前登録不要です。ぜひお気軽にご参加ください。

日 時: 平成28年7月14日(木)15:00~16:30
場 所: 広島大学大学院国際協力研究科1F大会議室(〒739-8529 東広島市鏡山1丁目5-1)
言 語: 英語
題 目: Land and food security question in Nepal: Can civil society initiatives be helpful in changing the situation?
講演者: Suresh Dhakal, PhD
     Lecturer, Central Department of Anthropology, Tribhuvan University, Nepal
     A Visiting Fellow at Asian and African Area Studies, Kyoto University
問合せ: 広島大学たおやかプログラム事務室
     Email: taoyaka-program★office.hiroshima-u.ac.jp

poster_the 72nd taoyaka program seminar & 104 Development and Cultural Change Forum

 PDF

第69回たおやかプログラムセミナーを開催します

参加無料・事前登録不要です。ぜひお気軽にご参加ください。

日 時: 平成28年6月10日(金)16:20~17:50

場 所: 広島大学大学会館2階 フリースペース(「たおやかクラスルーム」)

言 語: 英語・日本語(同時通訳有)

題 目: 東広島市小谷地域における太陽光発電スマートビレッジパーク構想

 ① 「東広島市・農村地域まちづくりの現状と課題について」 加栗健男氏(小谷地区まちづくり協議会)

 ② 「太陽光発電の技術と地域振興」 伊達義明氏((株)エネルギア・ソ リューション・アンド・サービス)

 ③ 「集いのビレッジパーク小谷」 餘利野直人氏(広島大学大学院工学研究科・教授)

問合せ: 広島大学たおやかプログラム技術創生事務室

    Email: taoyaka-tech-sect★ml.hiroshima-u.ac.jp/Tel: 082-424-4597

ポスター

【アカデミックメンターに聞く】 吉田 雄一朗教授

社会実装コース国際協力研究科 吉田 雄一朗教授のインタビュー記事「条件不利地域——それは必ずしも辺境の地ではなく我々自身の中にある」を掲載しました。詳細はこちら

国際地球理解年(IYGU)がホームページを開設しました

 

IYGUは、私たちの身近な行動がどのように地球規模の影響力を持つかについての理解を深め、深刻な地球規模の問題に対するより良い改善策の追求に資することを目的としています。この度、ホームページを開設いたしましたので、是非ご覧ください。

http://home.hiroshima-u.ac.jp/iygu/index.html

第70回たおやかプログラムセミナーを開催します

参加無料・事前登録不要です。ぜひお気軽にご参加ください。

日 時: 平成28年6月28日(火)15:00~17:00
場 所: 広島大学大学院国際協力研究科1F小会議室(〒739-8529 東広島市鏡山1丁目5-1)
言 語: 英語
題 目:
① Nutritional security and health benefits of ethnic foods in India and Nepal
       (by Dr. Jyoti Prakash Tamang, Professor and Dean, School of Life Sciences, Sikkim University)
② Methods of fish preservation for nutrition in Nepal and India
      (by Dr. Namrata Thapa Tamang, Associate Professor and Head, Department of Zoology, Sikkim University)
問合せ: 広島大学たおやかプログラム事務室
     Email: taoyaka-program★office.hiroshima-u.ac.jp

the 70th taoyaka program seminar

 (PDF: 765KB)

< Prev1234567891011121314151617181920Next >