ニュース

3大学合同フィールドワークを実施しました

「たおやかで平和な共生社会創生プログラム」は、9月8日~11日の間、文部科学省博士課程教育リーディングプログラムに採択された同志社大学「グローバル・リソース・マネジメントプログラム」及び九州大学「グリーンアジア国際戦略プログラム」との3大学合同フィールドワークを実施しました。

3つのプログラムはそれぞれ、地球規模の多文化共生課題への取り組み(同志社大学・グローバル・リソース・マネジメントプログラム)、アジア圏から世界に向けた環境・エネルギーイノベーション(九州大学・グリーンアジア国際戦略プログラム)、条件不利地域における文化・技術・社会の連鎖的発展(広島大学・たおやかで平和な共生社会創生プログラム)を導くグローバル・リーダーの養成を目指しています。

合同フィールドワークでは、大分県及び福岡県を訪れ、日本の地熱発電発祥の地である大分県別府市にて、杉乃井地熱発電所及び京都大学大学院理学研究科付属地球熱学研究施設を、また同県玖珠郡にて九州電力八丁原地熱発電所を見学しました。各プログラムの担当教員及び企業・官公庁の担当者による11の講義が行われ、参加学生は九州の地質学的特徴、様々な発電方法の利点と課題及び開発途上国の抱える問題についての理解を深めました。

最終日には、クリーンな再生可能エネルギーとして期待される地熱発電をテーマに、その技術が様々な問題を抱える地域で活用される可能性を探るという、本フィールドワークの課題に対するプレゼンテーションが行われ、3大学から参加した27名の学生は、様々な専門分野及び国籍の混同する3つのチームに分かれ、4日間のフィールドワークで得た知見を基にした協同作業の成果を発表しました。

 

 

第20回たおやかセミナー(第53回企業人材セミナー)を開催しました

日時:平成26年8月27日(水)14:30-16:00 
講師:占部 哲夫 氏 (元ソニー(株) 業務執行役員SVP)
場所:先端物質科学研究科 401N講義室
題目:「研究開発を事業化へ導く情熱の力 ~有機ELテレビの開発を例に~」 
言語:日本語(英語への通訳あり) 

第22回たおやかプログラムセミナーを開催しました

日時:2014年8月19日(火) 13:30-15:30pm
場所:広島大学大学院 国際協力研究科 1階 大会議室
講師:Prof. Larry Chow (Director of Hong Kong Energy Studies Centre /Visiting Professor of Geography, Hong Kong Baptist University)
題目:Projection of World Oil Prices up to 2030
言語:英語

第18回・第19回たおやかプログラムセミナーを開催しました

【第18回】
日時: 2014年7月24日(木) 14:35-16:05pm
場所: 広島大学大学院工学研究科 中会議室(A1-141)
講師: El-Said El-Sayed El-Araby Associate Prof. of Qassim University, Saudi Arabia
題目: Impacts of Wind Power on Reactive Power Planning and Dispatch
言語:英語



【第19回】
日時:2014年7月31日(木) 14:35-16:05 pm
場所:広島大学大学院工学研究科 B3-220講義室
講師:1. 加栗建男 (Takeo Kaguri)「東広島の現状と将来の課題」Current Status and Future Issues in Higashi-Hiroshima
2. 伊達義明 (Yoshiaki Date)「東広島での取り組みと提案」An Approach to Town Development in Higashi-Hiroshima
題目:Community Development and Town Managementin Higashi-Hiroshima
言語:日本語(英語への同時通訳有)

平和祈念式典に参列しました

たおやかで平和な共生社会創生プログラムの学生3名と、放射線災害復興を推進するフェニックスリーダー育成プログラムの学生8名は、広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式に参列しました。

その後、広島大学東千田キャンパスにて、広島大学原爆死没者追悼式に参列しました。

集中講義「平和と安全」を受講しました

2014年8月1日~2日、たおやかプログラムの学生が集中講義「平和と安全」を受講しました。 

講師:西田恒夫先生 (広島大学平和科学研究センター長)

 

第17回たおやかプログラムセミナーを開催しました

日時: 2014年7月22日(火) 16:20-17:50pm
場所: たおやかクラスルーム(大学会館2階)
講師:Professor David J. Eaton (LBJ School of Public Affairs, The University of Texas at Austin)
題目:Professional Skills Useful for Fieldwork in Developing Nations and Strategies for Raising Funds to Support International Fieldwork
言語:英語 

 

第16回たおやかプログラムセミナーを開催しました

2014年7月16日(水)14:30-16:00, IDEC405教室にて、第16回たおやかプログラムセミナーを開催しました。

講師:Professor Ruby Sain (Department of Sociology, Jadavpur University, Kolkata, India)

題目: The Relevance of Folk Religion in Modern India

要旨:Since July 1991 the Indian society has been restructured in psychological, social, economic, political, administrative and policy related issues but the importance of folk religion never declined as this was in the past. Rather resurgence of religion and folk religion is more important in the present context. In fact Folk Religion is transmitted by the common people in any region, place or country from generation after generation and it has great impact upon the political, economic, and cultural development of particular region and continues to satisfy the emotional and religious needs of the people. The present researcher would like to highlight the sociological reasons of Indian scenarios.

 

広島平和記念公園を訪問しました。

2014年7月4日(金) 
オンサイトコースローテーションの授業にて、広島平和記念公園・広島平和記念資料館を訪問しました。

 

たおやかプログラムニューズレター「Flexibility, Endurability, and Peace」2014年Spring号を発行しました。

ダウンロードはこちら(PDF

 

 

< Prev1234567891011121314151617Next >