ニュース

第17回たおやかプログラムセミナーを開催しました

日時: 2014年7月22日(火) 16:20-17:50pm
場所: たおやかクラスルーム(大学会館2階)
講師:Professor David J. Eaton (LBJ School of Public Affairs, The University of Texas at Austin)
題目:Professional Skills Useful for Fieldwork in Developing Nations and Strategies for Raising Funds to Support International Fieldwork
言語:英語 

 

第16回たおやかプログラムセミナーを開催しました

2014年7月16日(水)14:30-16:00, IDEC405教室にて、第16回たおやかプログラムセミナーを開催しました。

講師:Professor Ruby Sain (Department of Sociology, Jadavpur University, Kolkata, India)

題目: The Relevance of Folk Religion in Modern India

要旨:Since July 1991 the Indian society has been restructured in psychological, social, economic, political, administrative and policy related issues but the importance of folk religion never declined as this was in the past. Rather resurgence of religion and folk religion is more important in the present context. In fact Folk Religion is transmitted by the common people in any region, place or country from generation after generation and it has great impact upon the political, economic, and cultural development of particular region and continues to satisfy the emotional and religious needs of the people. The present researcher would like to highlight the sociological reasons of Indian scenarios.

 

広島平和記念公園を訪問しました。

2014年7月4日(金) 
オンサイトコースローテーションの授業にて、広島平和記念公園・広島平和記念資料館を訪問しました。

 

たおやかプログラムニューズレター「Flexibility, Endurability, and Peace」2014年Spring号を発行しました。

ダウンロードはこちら(PDF

 

 

第15回たおやかプログラムセミナー(第272回 IDEC Asiaセミナー)を開催しました。

講師:Mr. Vikas Lakhani (Deputy Director, Gujarat Institute of Disaster Management) 
※たおやかプログラムインド拠点事務所設置予定
題目:Disaster Management: Challenges and Opportunities in India


マイクロンメモリジャパン株式会社を訪問しました。

2014年6月6日(金) 
オンサイトコースローテーションの授業にて、マイクロンメモリジャパン株式会社を訪問しました。

島根県中山間地域研究センターを訪問しました。

2014年5月14日(水) オンサイトコースローテーションの授業にて、島根県中山間地域研究センターを訪問しました。

博士課程教育リーディングプログラム奨励金受給者一覧「たおやかで平和な共生社会創生プログラム」を公開しました。

ダウンロードはこちら(pdf

新入生歓迎会を行いました。

2014年4月17日(木)、たおやかプログラムに入学した7名の歓迎会を国際協力研究科大会議室にて行いました。

坂越正樹理事・副学長、岡橋秀典教授より、歓迎の挨拶が行われ和やかな会となりました。

 

 

「たおやかで平和な共生社会創生プログラム」開講式を行いました。 

平成26年4月3日(木)、「たおやかで平和な共生社会創生プログラム」開講式を行い、第1期生7名の入学者を新たに迎えました。本プログラムの文化創生コース・技術創生コース・社会実装コースに入学した第1期生7名の出身地は、日本、中国、ベトナム、インドネシア及びバングラデシュとさまざまです。「たおやかで平和な共生社会創生プログラム」は、世界的課題である多文化共生社会の実現を目指し、共生的な地域社会の形成を推進する自主性・実行力・多角的思考・創造力を備えた人材を育成するプログラムです。入学生は、他分野のコースとの共修・協働により、地域の社会・文化を深く理解し、それらをふまえて条件不利地域の問題解決のために技術を開発し、その成果を社会に実装することによって、地域に寄り添う形で多文化共生社会に貢献するグローバルリーダーとなることを目指します。
 浅原学長は式辞の中で、「本日より、本プログラムで学ばれる諸君は、既に修士課程を修了された方、他大学を卒業された方、職を持っている方、外国の機関で既に職業人として活躍されていた方など、様々な分野の経歴や学歴をお持ちですが、これから5年間の一貫教育で、グローバルリーダーとして国際的に活躍できるよう学業に励んでください。」と、英語で激励の言葉を贈りました。

 

< Prev123456789101112131415161718192021222324Next >