ニュース

エコホームステイ 参加者募集中

たおやかプログラム オンサイトチームプロジェクト2015・2016を継続する形で活動を行っている、広島大学すばらごいクラブが主催するエコホームステイが北広島町で開催されます。日本の伝統文化に親しみ、地元の方々との交流を深めてみませんか。

■期間   2017年10月6日(金)~8日(日)
■場所   広島県北広島町
■参加費   25,000円
■申し込み方法 https://goo.gl/RonXsA (ウェブ申し込み)
■申し込み期限 9月10日(日)
■お問い合わせ   subaragoi[a]hiroshima-u.ac.jp
                        ※[a]を半角@に置き換えてください。 
■主催   すばらごいクラブ(広島大学工学研究科)
       http://home.hiroshima-u.ac.jp/subaragoi/











 

8/4に予定しておりました第113回たおやかセミナーですが、

諸事情によりキャンセルせざるを得なくなりました。

楽しみにして頂いた皆さまには大変申し訳ございませんが、

ご理解頂きます様お願いいたします。

たおやかLP技術創生コース事務室
TEL:082-424-4597
E-mail: taoyaka-tech-sect@ml.hiroshima-u.ac.jp

第2回国際ワークショップを開催します

以下のとおり、第2回国際ワークショップ「REVITALIZATION IN RURAL AREA」を開催します。
本ワークショップは、プログラム4年次生が博士論文の進捗を各自発表することで、内容と進捗についての評価、助言、意見を広く参加者から求め、今後の研究に生かすことを目的としています。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

                                                               記

●日時:2017年8月7日(月)9:00-12:45
●場所:広島大学大学院国際協力研究科1F大会議室(〒739-8529 東広島市鏡山1-5-1)
●言語:英語
●参加:参加を希望される方は、8月4日(金)までにtaoyaka-program*office.hiroshima-u.ac.jpまでご氏名・ご所属を明記の上、ご連絡ください。(*は@に変えてください。)

内容:
【セッション1:講演】
9:00-9:05             開会挨拶
9:05-9:35             講演1 Herbs, their molecules, and the liver 
         Dr. Rolf Teschke, Professor of Medicine, Department of Internal Medicine II, Division of            Gastroenterology andHepatology, Klinikum Hanau, Academic Teaching Hospital of the              Medical Faculty of the Goethe University, Frankfurt/Main, Germany
9:35-10:05           講演2 Developing Fisheries and Aquaculture in Indonesia on Global Climate Change Issues
         Dr. Ir. Muhammad Iqbal Djawad, Faculty of Marine Science and Fisheries, Hasanuddin           University, Indonesia 
10:05-10:35         講演3 Biomass utilization and local energy system
         望月 和博リトカ研究者工房・社長)
10:35-10:50         休憩 

【セッション2:学生発表】
10:50-11:20   ”Bioethanol from rural agriculture waste for alternative fuel.”
           Novi Syaftika, (Technical Creation Course, Graduate School of Engineering)
11:25-11:55   ”Metal Purification Effluent for Better Nori” 
         Teguh Nur Rohman, (Technical Creation Course, Graduate School of Biosphere Science)
11:55-12:25   ”Function of Plant Secondary Metabolites and Their Application in Agricultural Development”
           Nguyen Thanh Quan, (Social Implementation Course, Graduate School for International              Development and Cooperation)
12:25-12:40   総括
12:40-12:45   閉会挨拶


 

 

 

 

 

 


 PDF

ニューズレター「Flexibility, Endurability, and Peace」Vol.7: Summer 2017 を発行しました。

PDF版(1,611KB)は、こちら よりご覧いただけます。

 

第113回たおやかプログラムセミナーを開催いたします。

参加無料ですので、皆さんお気軽にご参加ください。

■ 日時: 平成29年8月4日(金)17:00-18:30
■ 場所: 広島大学工学部 A1棟141号室(中会議室)
■ 演題: Compressive Sensing in Wireless Health Monitoring: From Theory to Hardware Implementations
■ 講師:  Fengbo Ren先生(アリゾナ州立大学助教)
■ 言語: 英語
■ 対象者:学生、教職員
■ 問い合わせ:広島大学 たおやかプログラム技術創生コース事務室
     E-mail:taoyaka-tech-sect★ml.hiroshima-u.ac.jp(★は@に置き換えて下さい)
     電話: 082-424-4597

 

 

 

 

 

 

 

 

ポスター

 

たおやかプログラムの学生による分野融合セミナーシリーズ「TAOYAKA Program Seminar Series」 の初回のシリーズが、7月12日(水)に開催されました。

   

このセミナーシリーズは、学生からの要望もあり、昨年からスタートしました。分野融合セミナーとして、特に異コースの学生のアカデミックレベルでの情報交換・交流の場、また、専門以外の人にもわかりやすく自分の研究や学習を発表できる場を提供しています。 また、たおやかプログラムの3つのコースの学生がひとつの問題解決に取り組む、オンサイトチームプロジェクトのチーム編成のために重要な役割を果たします。今年度のシリーズより、 運営・実施についても、主に3つのコースから選出された、たおやか学生代表が担当しています。

今年度初回の最初のセミナーには、およそ20名の学生が集い、活発なディスカッションが展開されました。今後も学生同士の研究内容や情報の交換の場として大きな期待が寄せられます。

シリーズは通常2つのセミナーで構成され、スピーカーは、たおやかプログラムの3つのコース(技術創生、文化創生、社会実装コース)の中から2つの異分野のコース学生が担当します。
2017年度前期は全3回で、水曜日の午後12時50分 から14時20分に 大学会館のたおやかクラスルームで開催しています。 どなたでもご参加いただけますので、お時間がありましたら是非ご参加ください。

2017年前期の日程は以下の通りです。 

<TAOYAKA Student Seminar Series Schedule 2017 Spring >

場所: たおやかクラスルーム (大学会館2階 フリースペース)
時間: 12:50-14:20

■Series I: 2017年7月12日(水)
IMG_20140917_231548_4Seminar #1: Sharma Sneha Atul, M2, Technical Creation Course, Graduate School of Engineering, Program in System Cybernetics

 

Qu MengSeminar #2: Qu Meng, M2, Cultural Creation Course, Graduate School of Integrated Arts and Sciences,division of Integrated Arts and Sciences 

 

 

■Series II: 2017年7月26日(水) 
Michel TSeminar #3: Kloepfer Thomas Michael, D1, Social Implementation Course, Graduate School for International Development and Cooperation, Program in Development Science

 

shimasakiSeminar #4: Kohei Shimasaki, M2, Technical Creation Course, Graduate School for International Development and Cooperation, Program in Development Science
    

 

■Series III: 2017年8月2日(水) 
PIC THAKUR GAJENDER

◎Seminar #5: Thakur Gajender, M2, Cultural Creation Course,Graduate School of Letters, Program in Humanities

 

http://taoyaka.hiroshima-u.ac.jp/wptaoyaka/wp-content/uploads/2015/10/Jenny.jpg

Seminar #6: Nguyen Thi Bich Ngoc, M2, Social Implementation CourseGraduate School for International Development and Cooperation, Program in Development Science

 

 

たおやかプログラム学生が以下の日程で発表を行います。

■ 日時:2017年7月14日(木)9:00-12:05
■ 会場:広島大学国際協力研究科(IDEC) 1階 大会議室

■ プログラム
 9:00-10:00 オンサイトチームプロジェクト中間発表(チーム3、4)
 10:10-11:10 オンサイトチームプロポーザル(チーム8、9)
 11:20-12:05 インターンシップ実施報告(学生3名)


<オンサイトチームプロジェクト>
異なる3つのコースに所属する学生がチームを組み、産学官やフィールドネットワークの協力を得ながら、独自の発想のもとに、オンサイト・チームプロジェクトを企画、実践します。プロジェクトでは、多文化共生課題に対して、異なるコースの学生が、お互いの専門知識を持ち寄って、多文化共生課題の解決に挑みます。

 

 

 

 

 

 

 

PDF

 

 【2017/6/27 開催・広島】「質の高い交通時代のモビリティの価値の計測手法開発に関する研究」(VOMプロジェクト2017-19)キックオフ会議

広島大学交通研究グループは、イスラエル工科大学 アヴィシャイ・シーダー 教授、東京大学 加藤 浩徳 教授、広島電鉄株式会社 藤元秀樹 取締役をお迎えして、「質の高い交通時台のモビリティの価値の計測手法開発に関する研究」(VOMプロジェクト2017-19)のキックオフ会議を開催します。

皆様のご参加をお待ちしております。

 

■日時:2017年6月27日(火)13:30~17:00
■場所:広島大学東千田キャンパス 未来創生センターM303号室
■言語:日本語および英語(同時通訳あり)

 

13:30          開会挨拶

13:35          VOMプロジェクトの趣旨説明                                      広島大学教授 藤原章正

14:00          招待講演「スマートな未来のモビリティに向けて」

                                                             イスラエル工科大学教授 アヴィシャイ・シーダー

14:45          招待講演「交通時間価値の計測:理論と実際」

                                                                                                         東京大学教授 加藤浩徳

15:30          研究報告「旅行時間信頼性の価値」

                                                                                                       広島大学准教授 力石 真

15:50          研究報告「アンメットニーズに基づく高齢者の運転免許保有の価値」

                                                                                 広島大学博士課程後期学生 福井のり子

16:10          研究報告「車間通信を用いた路面電車と自動車の安全運転支援」

                                                                                        広島電鉄株式会社取締役 藤元秀樹

16:30          意見交換

17:00          閉会挨拶

 

お問い合わせ

広島大学大学院国際協力研究科交通工学研究室

電話: 082-424-6921

e-mail: oku(at)hiroshima-u.ac.jp         

※     (at) は半角@に置き換えてください

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第112回たおやかプログラムセミナーを開催いたします。

参加無料ですので、皆さんお気軽にご参加ください。

■日時: 平成29年6月20日(火)12:50-14:20
■ 場所: 広島大学工学部 A1棟141号室(中会議室)
■ 演題:
 1.Design and Development of Real-Time Computer Vision and Machine Learning based System
 2.Gesture Recognition using Kinect for Elderly Care
■ 講師:
 1. SINGH SANJAY氏 (ピラニ・インド中央電子工学研究所 研究員)
 2. DHIRAJ氏(ピラニ・インド中央電子工学研究所 研究員)
■ 言語: 英語
■ 対象者:学生、教職員
■ 問い合わせ:広島大学 たおやかプログラム技術創生コース事務室
E-mail taoyaka-tech-sect★ml.hiroshima-u.ac.jp(★は@に置き換えて下さい)
電話: 082-424-4597

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポスター

第111回たおやかプログラムセミナーを開催します。

第111回たおやかプログラムセミナーを、第370回IDEC セミナー及び第109回 Study Session of Development and Cultural Change Forum  と共催で開催いたします。参加無料・事前登録不要です。ぜひご参加下さい。

■題目:Coupled Human Nature Systems: Ecological Survey of Invasive Plant Species in Community Forests of Lowland Nepal
■講師:Dr. Dharma Raj Dangol
■日時:2017年6月20日(火)14:30~16:00
■場所:広島大学国際協力研究科1階小会議室
■言語:英語
■概要(アブストラクト):Invasive plant species cause impacts on biodiversity, socio-natural ecosystems, environmental services and human wellbeing as a whole. It is crucial to understand the invasion of these species in different community forests for effective management. Thus, an ecological survey was conducted in 21 community forests (CFs) of Chitwan National Park of lowland Nepal in 2013, 2014 and 2015. The survey mainly focused on investigation of 3 major invasive species namely Mikania micrantha, Chromolaena odorata and Lantana camara. Among these 3 species, it was found that the highest invasion of Mikania and Lantana in Narayani CFs and Chromolaena in Barandavar CFs. It was also observed that Imperata cylindrica, Ageratum houstonianum and Clerodendrum infortunatum were the three most dominant understory species. The invasion of these species is increasing rapidly over the years impacts the human and wildlife ecosystems in the CFs. Further studies on management through utilization of these species for the livelihood improvement such as biogas, fodder and forages are necessary in future.

 

 

 

 

PDF

 

 

 

< Prev1234567891011121314151617181920Next >